忍者ブログ
2017.12 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/18 (Mon)

3週間“筋肉BODY”変身講座

3週間“筋肉BODY”変身講座





1日7分×週3日でOKです!
もし貴方が、今まで、1時間も2時間もかかるようなつらい筋トレをしていたのだとしたら、貴方は筋肉を減らす筋トレをしていたことになります。

筋トレを長時間行っていると、コルチゾールという「筋肉分解ホルモン」が分泌され、やればやる程筋肉が減ってしまいます。
1回の筋トレ時間としては、10分以内がベストです。
10分以内であれば、コルチゾールの分泌を抑えることができます。

ただし、単に時間を短くしただけでは意味が御座いません。
時間は短くしても、筋トレ効果は今まで以上に高めなければなりません。
「ある1つのポイント」に集中する事によって、1日の筋トレ時間を7分に短縮させつつ、今までよりも効果の高い筋トレが可能となります。
 
 

 


 
1種目につき1セットでOKです!
もし貴方が、1種目につき3セットも4セットも行っているとしたら、
直ぐにやめるべきです。
筋肉に効果的なセットは最初の1セットだけであり、2セット目以降は、疲れるだけの無駄なトレーニングになっているからです。

しかし、「1秒で上げて2秒で下ろす」というような普通の動作方法では、
1セットで効果的に筋肉を発達させることは難しいのです。
何故なら、筋肉を十分に収縮させることが出来ないからです。

筋肉を発達させるには、筋肉に負荷を加えて収縮させることが必要なのですが、普通の動作方法でやっている限り、動作を速くしても遅くしても、ダンベルを重くしても軽くしても、十分に筋肉を収縮させることは出来ません。実は、もっと重要な動作があるのです。

「ある1つのポイント」に集中すれば、たった1セットで、今までよりも効果的に筋肉を収縮させることができ、筋肉の発達が加速するのです。
 
 

 


 
動作がとても簡単です!
「ある1つのポイント」とは、筋トレにおける「最も重要な動作」になるのですが、従来の筋トレに、その動作を加えるだけで、筋肉の収縮が強まり、今までよりも早く筋肉がつけられるのです。

しかも、その動作とは、決して難しい動作ではなく、1回につき5~7秒で終わる、非常にシンプルで簡単な動作になります。

筋トレマニュアルの中には、上級者でないと出来ないような、難しい動作を要求するものもあるようですが、「ある1つのポイント」に限っては、一切そう言う事はなく、いたってシンプルで簡単な動作であり、初心者でも直ぐにマスターできますのでご安心下さい。
 
 

 


 
成長ホルモンの分泌量が急増します!
筋トレをすると、その直後から成長ホルモンの分泌が始まり、筋肉を強く大きくしていくわけですが、この成長ホルモンの分泌量が多ければ多い程、
それだけ筋肉増強効果も高くなります。
アナボリックステロイド等の薬物は、薬によってこの成長ホルモンの分泌量を急激に増やすことで、早く筋肉を発達させようとするものです。

しかし、そんな危険な薬物に手を出さずとも、成長ホルモンの分泌量を、普通に筋トレするよりも急激に増やす方法があるのです。

「ある1つのポイント」に集中する事で、成長ホルモンの分泌量は急激に増加し、筋肉を早く発達させることが可能となるのです。
 
 

 


 
筋肉の超回復が早まります!超回復とは、筋トレによって一旦破壊された筋肉繊維が再び修復されることであり、筋肉とは、この超回復を繰り返すことによって、少しずつ強く大きく成長して行きます。

そして、この超回復が完了するまでには、ある一定の時間が必要になるのですが、最近では、筋トレは週1日でよいとされる方法が一般的なようです。それだけ超回復に長い時間がかかると言う事なのでしょうが、
しかし、筋トレを週1日とした場合、月に4日しか出来ませんので、
1ヵ月程度で筋肉を発達させるのは現実難しいのです。

所が、「ある1つのポイント」に集中して、短時間で効果的な筋トレをしていれば、超回復に要する時間を、「48時間」に短縮させることが出来るのです。ですから、中1日休めば、次の筋トレをしてOKです。

隔日的に週3日(例えば月・水・金)行うことで、「筋トレ→超回復→成長」のサイクルが最も効率良く繰り返され、グングン筋肉が発達して行きます。
 
 

 


 
筋肉痛や疲労が残りません!筋トレをした後、2~3日つらい筋肉痛が続いたという人も多いと思います。
更には、筋肉痛があると筋トレが苦痛になり、やる気が出ないものです。

勿論筋肉痛が出ること自体は悪いことでは御座いませんが、余りにつらい筋肉痛が出てしまうのは、筋肉の発達にとって逆効果です。
「筋肉痛が出る=筋肉が発達する」というわけでは無いのです。

「ある1つのポイント」に集中して筋トレを行うと、筋トレ中は強い刺激が筋肉に加わりますが、筋トレ後は、筋肉中の疲労物質が素早く排除されて行きますので、つらい筋肉痛が残ることは御座いません。
 

 

 
筋力もどんどん強くなります!
筋力とは筋肉の断面積に比例して強くなって行きます。
ですから、筋肉を大きくする事で、それだけ筋力も強くなって行きます。

更に、「ある1つのポイント」に集中すると、普通の方法よりも筋肉の収縮が強まるため、筋力の発揮にも有利になるのです。
筋肉が強く収縮する事によって、強い筋力が発揮されるからです。

したがって、「ある1つのポイント」に集中する事によって、筋力もどんどん強くなり、重いものを軽々と持ち上げられるようになります。
 
 

結城式くびれプログラム 過食を克服! 自分で治す「過食を捨てる」過食克服プログラム 体重78kgのダルマ女が48kgのスリム美女に劇的変身!TV「魔女たちの22時」で話題の“さかさまダイエット” リウマチを改善!自分でできるリウマチ改善術 一条式どもり改善術 沢村式美肌UP術 川俣式二の腕痩せダイエットプログラム

 


 
腹周りの脂肪が激減します!
一般的には、筋肉を増やしながら脂肪を減らすことは、そのメカニズムの違いから難しいとされています。
しかし、筋トレによって成長ホルモンの分泌量を増やせば、「筋肉増強+
脂肪燃焼」のダブル効果を引き出せるのです。

実は、成長ホルモンには、「筋肉増強効果」以外に、「脂肪燃焼効果」もあることが科学的に証明されています。
しかし、一般的な筋トレ方法では、そこまで成長ホルモンの分泌量を増やすことは難しいのです。

所が、「ある1つのポイント」に集中して筋トレを行うことで、成長ホルモンの分泌量を急激に増やすことが可能となり、「筋肉増強+脂肪燃焼」のダブル効果が引き出され、筋肉を増やしながら脂肪を減らすことが出来るのです。
 
 

 


 
モチベーションが下がりません!
1日7分を週3日だけですから、どんなに仕事で忙しかったとしても、
時間を見つけて実践可能です。
風呂に入ったり歯を磨く感覚で、日常生活の一部として習慣付けることが
簡単にできます。

また、筋トレする度に、筋肉が大きくなっていく感覚が得られますので、
次の筋トレが待ち遠しくなり、モチベーションは下がりません。
楽しいからと、ついついやりすぎないよう注意して下さい。

「ある1つのポイント」に集中すれば、短時間で終わり効果も直ぐに出ますので、貴方もきっと筋トレの楽しさが分かるでしょう!
 
 

 


 
たった3週間で筋肉がつきます!現在、いろいろな筋トレ方法が紹介されていますが、
3週間で効果を出せる筋トレ方法は、他には御座いません。

当初は、「3週間」と謳うのは、他の方法に比べて余りに短すぎて、
逆に信用されないのではと思ったくらいです。
ですが、アンケート調査の結果では、体験者の約87%が、実際に3週間以内で効果を出しており、中には、1週間も経たないうちに効果を実感された方もいらっしゃいます。

ですから、あとは実践さえして頂ければ、3週間後、今度は貴方自身が成功体験者になるでしょう!
 
 

 

いかがでしたでしょうか?
「ある1つのポイント」によって、今までの効果のなかった筋トレが、
「たった3週間で筋肉がつく最強の筋トレ」になってしまうのです!
そして、そのためのノウハウを纏めたマニュアルが、
この、「3週間“筋肉BODY”変身講座」なのです。                                                                     
 

PR
| HOME |